6月ですが

おはようございます道の空の木村です。

6月もあっという間に訪れ上半期が終わろうとしていますね。

先月末に緊急事態宣言も解除され行動範囲が広がりましたが、そういう気が緩みそうな状況でこそいっそ気をつけていきたいですね。自分も普段の業務と離れたところで移動支援なども行っておりますが、アルコール持参しマスク着用で散歩に行くなどして、利用者さんも自分自身もコロナウイルスには十分に気をつけながらもなんとか週一回で気持ちの発散になっています。もうこの時期になるとどうしてもマスクが暑くて着けるのに億劫になりますよね。 そこで《夏っぽいマスク》をイメージしたマスクを作りました。夏でもマスクを付けざるを得ない状況だと思うので、マスクを見て夏っぽいという逆の発想で!と思いました。

そうです!あの天下のユニクロさんの「エアリズム」とガーゼを組み合わせて「涼しいマスク」を制作しました。

もうすでにYouTubeで作られている方を見かけていますし、ユニクロさんも自社でマスクを作ると公表されていまいた。

同じことをしているのですが、この「涼しいマスク」作った経緯があります。

同じ業種の方なのですが、現場に出て入浴介助をされておられる方々がマスクをしながらだと業務にどうしても支障が出ると。息苦しさや汗、考えるだけで過酷な状況です。マスクをすることでもちろん飛沫感染の防止になりますが、介助者の熱中症や脱水症状になる方が出ると本末転倒です。マスク着用しながら少しでも環境が良くなられるのなら作る意義があると思うので。お声にお答えしたいという思いで作りました。

ここ数日スタッフが着用して生活していますが、涼しいです。息苦しがなく付け心地は快適です。ただ両面ガーゼのマスクやフィルターを通してキッチンペーパー等を挟んで着けるマスクに比べると飛沫効果は薄いと思われます。あとの機能性は「エアリズム」の機能性のままです。

以下参照。

・ドライ、接触冷感、抗菌防臭、消臭、吸放湿性などの快適機能が満載。
・新機能、吸放湿性が湿気を吸収して放出。
・2019年春夏モデルのエアリズムメッシュと比べて、接触冷感性25%アップで更にひんやり涼しく、ストレッチ性40%アップの高い伸縮性で、着心地ゼロへ。

 

少しずつ生産を増やして行けたらと思います。

着用の感じです。