道の空 就労継続支援B型

大阪市東淀川区にある就労継続支援B型「道の空 (ミシン工房)」の紹介です。

トップ > インフォメーション > 成年後見制度

成年後見制度

成年後見制度とは?

成年後見制度とは、認知症や知的障害、精神障害などの理由で精神的能力・判断能力が不十分になった人を法律面や生活面で保護・支援する仕組みです。


成年後見制度の種類

制度の種類

後見人の種類


成年後見人の職務

  1. 不動産や預貯金などの財産管理。
  2. 身のまわりの世話のための介護サービスや施設への入所に関する契約締結。
  3. 遺産分割の協議の代理。
  4. 悪徳契約等の被害防止のための契約解消に関わる権利の執行。

成年後見制度の利用者の推移

  • 成年後見制度は認知症、精神障害・知的障害等の理由で、自己判断能力が難しい方々を成年後見人を選出して守り、サポートしていくための制度として、2000年に始まりました。その後、徐々に利用者が増えてきてはいるのですが、まだまだ制度自体を知らない等の理由で、本来利用したらよい方も利用できていない状態です。
  • 成年後見制度の利用者の推移

図をクリックで拡大

成年後見人の職権解任数の推移

  • 成年後見制度を利用する方が徐々に増えてくると同時に、財産の横領や権限の乱用等の様々なトラブルにより、成年後見人の職権解任件数も増えてきています。
  • 成年後見人の職権解任数の推移

図をクリックで拡大

成年後見人と本人との関係

  • 大切な財産を任せるからこそ、親族に成年後見人になって欲しいと思う一方で、親族後見人とのトラブルは増加の一途をたどっています。
  • 成年後見人と本人との関係

図をクリックで拡大

トラブルの原因

トラブルの原因の多くは、自分の財産と後見を任されている本人の財産との区別をする認識がない人となっています。成年後見人に就任し、最初はしっかり管理をしていても、だんだんその管理している財産が自分のもののように思えてきて、管理がずさんになっていくことはよくあることです。特に親子関係ですと、もともとその親の金で自分は育てられてきたという経緯もあるだけに、親の財産が「別の人のものである。」という意識が薄いので、財産を自由にしてしまおうという意識に繋がってしまうのだと推測できます。


トラブルの避けるには

成年後見人を親族に任せることによって起こる「財産の使い込み」や「相続トラブル」などを避けるためのひとつの方法として挙げられるのが、後見人を弁護士や司法書士など第三者に任せるという考え方です。

  • 道の空では、こういったトラブルを未然に防止できるよう安心で信用できる司法書士事務所と協力提携いたしております。直接、ご連絡いただきましても大丈夫ですし、道の空までご相談していただければ、紹介させていただくことができます。
    ご相談は無料です。
  • シクロス司法書士事務所


引用:みんなの介護


トピック

リンク

ページのトップへ戻る