道の空 就労継続支援B型

大阪市東淀川区にある就労継続支援B型「道の空 (ミシン工房)」の紹介です。

トップ > 就労継続支援B型 > 就労継続支援B型とは?

就労継続支援B型とは?

就労継続支援B型とは?

通常の事業所に雇用されることが困難であって,雇用契約に基づく就労が困難である者に対して行う就労の機会の提供及び生産活動の機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の必要な支援事業をおこなう事業所のこと。

難しく言うとこうなりますが、つまり

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に必要な体力、知識、能力が高まった利用者に、一般就労等への移行に向けて支援する事業所のことです。

A型とB型との違いは?

A型事業とB型事業の主たる違いは雇用契約の有無という点です。整理すると,A型事業の対象は「通常の事業所で雇用されることは困難ですが、雇用契約に基づく就労が可能な方」であり,B型事業の対象は「通常の事業所で雇用されることは困難で、かつ雇用契約に基づく就労も困難な方」ということになります。

難しく言うとこうなりますが、つまり

A型は雇用契約に基づく最低賃金が支払われますが、B型は作業内容に応じた工賃が支払われます。一般的に「最低賃金 > 工賃」となります。ただし、A型では、最低賃金に応じた仕事内容が求められます。

就労継続支援B型の利用目的は?

就労継続支援B型の利用目的は、利用する方それぞれに違ってきます。ですので、利用開始になりましたら、ご本人およびご家族の方と相談した上で、個別支援計画書を作成させていただきます。

  • 就労するための知識、能力を身につけたい。
  • 集中して作業する訓練をしたい。
  • 好きな製品を作ることで楽しみたい。
  • 引きこもりがちなので、外に出る訓練がしたい。
  • 日中通所することで、生活のリズムを整えたい。
  • 他の利用者とのコミュニケーションがとることで、社会性を身につけたい。
  • 定期的に通所することで、体力を取り戻したい。
  • みんなと昼食を食べたい。
  • 対人関係が苦手なので、その訓練をしたい。
などなど…利用目的はその方が何を求めているかによって違ってきます。

トピック

リンク

ページのトップへ戻る